学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

2019年度の主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME >「2019年度の主題」

《9月の保育主題》新しく生きる

 今日からいよいよ2学期の始まりです。夏休み如何お過ごしでしたか?
普段ではなかなかできない体験や、久しぶりに会う親戚の方とのふれあい等、夏休みならではの過ごし方を味わったご家族も多いのではと思います。ゆったりとした時間の中で、心を動かしながら大きくなった子どもたちが、9月からどんな姿を表してくれるのか楽しみにしています。

 2学期始めのうちは、幼稚園の生活ペースを取り戻していく際に抵抗を示すことがあるかもしれません。そんな時は、ゆっくり焦らずに見守っていきましょう。「1学期は喜んで登園していたのに…」と出来ていたことが、出来なくなった…と感じ私たちは、大人の勝手な捉え方で子どもを受け取ることがあります。そんな時、よくよく子どもたちを観察すると、決してそうではありません。子どもたち自身の中で、以前はまだ芽生えていなかった感情を感じとる力が育っており、そのことによって表れる行動である場合も多くあります。

 子どもたちが、いつも笑顔で生き生きと活動する姿は、私たち大人の心をとても嬉しく幸せな気持ちにさせてくれます。けれども、そうでない姿を目の当たりにすると、私たちの心は途端に不安がつのり、心配し、全てをマイナスに受け止める傾向にあります。

 子どもたちが育つ過程に起きる出来事は、良い事ばかりではありませんが、どれも全てが神さまによって一人ひとりに与えられた特別で必要な計画です。それを信じて受け止めることが出来れば、子どもたちのどんな姿も焦らずに見守っていく事ができると思います。不安になったときには、神さまのみ心を一緒に探していきましょう。2学期も子どもたちやご家族の皆様が、神さまの豊かな愛と恵みに包まれ過ごせますように。

副園長 前田朱美子

年主題

置かれたように

もっと詳しく