学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

今月の主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME >「今月の主題」

《9月の保育主題》のびやかに

 夏休み、いかがお過ごしでしたでしょうか。幼稚園が休みだからこそ出来る経験をされたご家族も多かったのではないでしょうか。それが、何か大きなイベントでなくても、他には代えられない〖特別な存在〗である家族と一緒ならば、どんなに小さな事や短い時間でも、温かい経験となりこども達の育ちの糧となった事でしょう。夏の間に成長したこども達と、今日からまた毎日会える事がとても嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。

 2学期は、いっぱい遊んで更に様々な経験を積み重ね、心も体も大きく育まれる時です。こども達がその育みの中で味わっていく感情に無駄はありません。気をつけたいのは、それを見守る私たち大人が、こども達の姿をどう受け止めるかという事です。自分の価値感を押しつけず、こどもが何を感じ、どう考えて、そう表現したのか。ついつい出てきてしまう自分の感情はちょっと横に置いておき、こどもの姿を決めつけないで、まずは心の声を聞きとれますように…と思います。こども達のために、と先走ってしまいそうになりますけれど、焦らなくても彼らの人生に必要な経験はちゃんと与えられ、必要な学びは習得し、前に進む事が出来るようになっていると確信して。

 こども達にとっての私たちが《様子を伺いながら一緒に居なくてはいけない存在》になってしまうのではなく、《何かあった時にいつでも自然体で話しかけることが出来る存在》でいられたら嬉しいですね。いつもスタンバイOKの状態でいたいです。こども達が目いっぱい遊んで、神さまや友だちと出会い楽しむ2学期を、私たち大人もこども達の心をキャッチして一緒に思いっきり楽しんでいきましょう。

副園長 前田朱美子

年主題

つながって~今、わたしを生きる~

もっと詳しく