学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

今月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME >「今月の聖句」

今月の

その人は豊かに実を結ぶ。

ヨハネによる福音書 15章5節


 「実を結ぶ」という言葉は、結果を表しています。「豊かに」と訳されている言葉は「多くの」という意味ですから、多くの結果が生まれるということです。一つの結果ではなく、多くの結果。一つの実ではなく、多くの実。それは同じ実がたくさんあるわけではなく、それぞれに少しずつ違う実がたくさんあることです。

 この言葉は、イエスさまが教えてくださった「ぶどうの木と枝」のお話の中に出てきます。ぶどうの枝はぶどうの木に留まっていることで「多くの実を結ぶ」とイエスさまはおっしゃいました。たくさんの違った実がもたらされるためにはぶどうの木に留まっている枝のようでありなさいとイエスさまはおっしゃっています。

 枝と木の関係は、木があって枝があるという関係です。木から枝が生えてきます。枝から木が生えることはありません。イエスさまというぶどうの木から生えてきた枝がイエスさまの弟子たちでした。その枝が多くの実をもたらすために、イエスさまに留まっていることが求められています。

 大元の木に「留まる」ということはとても大事なことです。留まっていれば、必然的に実を結ぶことになります。留まっていることは簡単なようで難しいものです。わたしたちはいつもさまざまな情報にさらされて、これが良いのか、あれが良いのかと行ったり来たりしています。大事なことは、大元に留まることです。表面的な「方法論」だけを追い求めていると、大元から離れて、結局実をもたらすことはできません。

 こどもたちは、もともと神さまに造られて、神さまの力をいただいています。必然的に多くの実を結ぶように造られています。この神さまの力の中に、留まっていれば、必ずその子に相応しい実がもたらされるのです。神に信頼して、こどもたちと共に一つところに留まっていましょう。

チャプレン 末竹十大

年主題

溢れる恵み

もっと詳しく