学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

今月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME >「今月の聖句」

今月の

イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。

ルカによる福音書 2章52節


 知恵は開かれるもの。背丈も伸ばされるもの。神は我々人間に与えたいのちを開いてくださるお方である。こどもたちのいのちは神が備えてくださったものを受け取りながら、開かれていく。一人ひとりに備えられたものは違う。その人のいのちは他のいのちとは違うのであり、同じように生きなければならないいのちではない。一人ひとりが自分自身に備えられたいのちの道を歩いて行く。

 この聖書の言葉は原文ではこのようになっている。「そして、イエスは切り開いて進み続けていた、知恵に、年齢に、恵みに、神と人間たちの前で」。知恵も背丈や年齢も自分で獲得するわけではなく、与えられている。与えられているものをありのままに受け取るとき、備えられているものが少しずつ開かれていく。知恵は知識とは違って獲得できるものではない。開かれていくものである。それは感性に似たものである。それを周りの大人が抑えることで、開かれなくなってしまう。

 こどもたちの素直な感覚、面白い感性はその子自身に与えられたものであって、開かれていくものである。大人がそれを塞いでしまうことがないようにしたい。年齢にしても背丈にしてもその子に与えられたものが与えられている限りのものとして開かれていくように支えることが我々大人がなすべきことである。

 神によって備えられ、与えられているものは「恵み」。恵みは獲得するものではなく、受け取るもの。恵みを受け取り続けることで、自分たちが捕らわれている世間体や既成概念から解放されていくと言える。この解放のためにイエスは来てくださった。こどもたちのいのちが解放されて、ありのままの姿に開かれていくように守る保護者、保育者でありたい。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく