学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

6月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の日記 > 6月のルーテル日記

6月の子どもたちの姿

ねんどまみれ - 緑さん土曜保育参加

 今年の緑さん達もおうちの人と一緒に粘土で小物入れ作りをしました。お姉ちゃんのときに一度粘土製作を経験されていたAちゃんのお父さん。「こんな風だったっけ?」と言いながらもやっていくうちにコツを思い出されたようでした。Bくんのお父さんやCくんのお母さんは昨年のお兄ちゃんのときの経験を活かし、あっという間に作り上げていました。「パパがハートの形にしてくれた」「お父さんがネコちゃん作ったんだよ」と形も様々で、他にも星や四角、周りに飾り付けをするなどそれぞれの個性が溢れていました。難しいところはおうちの人に手伝ってもらい、両手がドロドロの粘土まみれになりながら力を合わせて一生懸命取り組んでいました。

 後日、「いつ持って帰れるの?」と心待ちにしていたDちゃん。「色塗りして、オーブンで焼いたら持って帰れるからね。」と伝えると、「色塗り楽しみ~!」とはりきっていました。おうちの人の分も緑さんが色塗りをしますので完成を楽しみにしていてくださいね。

みさと

こころこめて - 黄さん土曜保育参加

 当日はとても晴れて、まさに土曜参加日和!

 黄色さんはまず2階でお父さんお母さんと触れ合いながら遊びました。たくさん動いたからか「お腹すいた…」と言う子も。元気に動く子もいれば甘えながら楽しむ子、色んな姿を見ることができました。

 お部屋に戻ってからはみんなでフルーチェ作り!運動した後にみんなで作って食べる冷たいフルーチェはプルプルしていて美味しかったね!

 最後にはお集まりで作ったプレゼント渡し。「いつもありがとう」と言って渡すことができました。

 Aくんは「何を描いたらママは喜んでくれるかな〜…」と言いながら絵を描いていました。Bちゃんは「こっち側がママのネクタイでこっち側がパパのネクタイ!」といって裏表どちらも使えるようにとネクタイに飾りを付けていました。

 ただ「ありがとう」と言って渡したプレゼントではなく、きちんとみんなの心がこもっているということがとてもよく伝わってきました。お父さんお母さんとたくさん触れ合うことができたとても素敵な1日になったと思います。

なつき

いっしょにはしゃぐ - 赤さん土曜保育参加

 お父さんやお母さんと一緒に幼稚園にきてどこか嬉しいような緊張した表情で土曜保育参加が始まりました。ジョイスポーツさんの親子ふれあい体操では普段なかなかジョイさんと関わらない子も保護者と一緒で楽しく体を動かして遊ぶことができました。

 お尻ぺんぺん競争ではS君親子は憲太先生の「よーいどん」の掛け声とともに、親子で話してはいないものの、とてもいい笑顔で「キャッキャッ」とお父さんと楽しく遊ぶ姿がありました。それ以降の競技でも抱っこして貰ったり、足踏み競争したりする中でお父さんと一緒に遊べることがうれしくてはしゃぐSくんは、同じようにはしゃいだ顔でいるお父さんと楽しんで過ごしていました。見ている私もついつい“がんばれ”と応援したくなりました。

 一つの活動が終わるたびにお父さん・お母さんからめいっぱい褒められている子どもたちの恥ずかしそうな嬉しそうな表情もたくさん見る事が出来ました。おうちでも子ども達といっぱい体を動かして遊んで、いっぱい褒めてあげてください。

りさ

エデンの園に - 園庭ワーク

 汗ばむ陽気の下、今年度初めての園庭ワークが行われました。今回も、コンポスト(堆肥作り)、溝の泥取り、草抜き、枝切り、築山・砂場の整備、外回りの整備、かまど作りなど、それぞれの役割に分かれ、親子で作業をしていただきました。

 子ども達の多くは砂場に集まり、スコップ片手ににぎやかに遊びながらのお手伝い。また、毎日の自由遊びではなかなか見つからないミミズも、この日ばかりは各所で大量に発見され、「ミミズゲットー!」と大興奮!子ども達と一緒に作業していると、私たち大人もなんだかとっても楽しくなります。

 作業開始から、約45分、生い茂った雑草はみるみるうちになくなり、低かった築山も高く高くなっていき、園の外にまで伸びた枝はさっぱりと剪定され、かまどの炭には火が起こされました。園庭はたくさんの手によって、どんどん気持ちよく整備されていき、子ども達が毎日のびのびと安全に遊べるエデンの園へと変身しました。最後の記念写真、ファインダーから見たみんなの顔がとても素敵な表情だったことが何より印象的でした。ポップコーンとマシュマロも美味しかったね!たくさんのご参加、ご協力に感謝です。

まさこ

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく