学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

1月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2019年度の日記 > 1月のルーテル日記

1月の子どもたちの姿

ひらかれるこころ - Joyさんスペシャルタイム

 黄さんのスペシャルタイム。始まる前にAくんは、「やりたくない」となんだか心配そうな表情をしていました。

 最初に、けんた先生が「二人ひと組になって、お友達とキャッチボールしようね。」と言うと、やっぱりAくんの表情は曇っていました。そこに、仲良しさんのBくんがやってきて、「Aくん、一緒にやろう!」と声を掛けてくれました。Aくんの心が少し動いたのか、Bくんと二人組になってキャッチボールをやり始めました。いつのまにか、Aくんはニコニコになり、最後まで楽しく参加する姿が見られました。

 Aくんの「やりたくない」という心の背景には、きっと様々な理由があったと思います。しかし、Bくんの一言がきっかけで、Aくんにとって「楽しい」と思える時間となったのではないかと思います。AくんとBくんのこれまで積み重ねてきた信頼関係がきっとAくんの心を動かす力になったのではないかと思う瞬間でした。

みさと

なになに~? - 避難訓練

 「みんなちょっとこっちにおいで〜!」「こっちに集まってね〜!」と、自由遊び中に先生たちが子どもたちに声を掛けます。「なになに?」「なんで?」「どこ行くの?」と言いながらも遊びをやめて、流れについて行く子もいれば、ぽかーんと立っている子、中には泣いてしまう子もいましたが、なんとか全員すぐに2階に逃げることができました。

 「ルーテル幼稚園に変な人が来たときの練習だよ」と分かったときには少し安堵した表情になった気がしました。それくらい、先生の話をよく聞いて行動していたのでしょうね。

 毎日自由遊びをしている中で、もしもの時に、自分たちで命を守るためにはどうすれば良いのか。普段から子どもたちと防災について確認しておく必要があることを、子どもたちの表情を見て改めて感じることができた大事な時間でした。

 子どもたちと過ごす毎日の中で、いのちを感じ、”今”を大切に、日々過ごしたいと思います。

なつき

すきにあそぶばしょ - 園庭ワーク

 1月18日に実施された園庭ワークには、総勢94名というたくさんのおうちの方と子ども達の参加がありました。

 作業が始まり、道路側に枝を伸ばしていたグレープフルーツの木や、大きくなりすぎた百日紅の木がおうちの方の手で剪定されていき、子ども達は落ちている葉っぱや小石をごみ袋に入れるなど、自分たちの出来ることを(おうちの人への応援も!)お手伝いしてくれました。雨の日にぶどう組のテラス前に大量の雨粒を落とす原因となっていた雨樋のごみも、業者の方?と思えるような作業をしてくださったおうちの方の力で、綺麗に取り除かれました。築山も丘のような状態でしたが、周りの土を削り、土を盛りなおして元のお山の形を取り戻しました。

 週が明けて柔らかくなった築山の土の上でゴロゴロ転がって遊ぶ子供の姿に~子ども達が好きな場所で・好きなように・好きなことをして遊ぶ~ことのできる園庭を感じました。子どもたちのために頂いたたくさんのお力に感謝します。ありがとうございました。

さか

しげきうけて - 子育て支援体育遊び

 「逃げて、逃げてー」「お父さんも逃げて―!」Aちゃんは転がって来る大きいボールに当たらないように一生懸命走ります。お父さんと2人で参加したAちゃんは「おはようございます!」から大きな声で元気一杯、やる気に満ちています。Bちゃん、Cちゃんは大きいボールが近づくとお母さんにピッタリくっついて離れません。

 ところが、Dくんが大きいボールに向かってキック、キック!Eくんも参戦してボールとの闘いのはじまりです。パンチしたり、上に乗ったり大きいボールにかかんに向かって行きます。すると逃げ回っていたFちゃん、Gくんも大きいボールにさわりに来ました。大きいボールから逃げるはずが、最後にはみんなで大きいボールを追いかける遊びとなりました。

 お友達に刺激を受けながら、活発で積極的な子ども達の様子にはひとりひとりの成長を感じ、微笑ましいひと時でした。親子一緒にからだをいっぱい使って、たくさん遊んだね!

ともこ

年主題

愛の光をもって

もっと詳しく