学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

11月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2016年度の主題 > 11月の保育主題

《11月の保育主題》愛に応える

 子どもたちと空を見上げると、もうすっかり秋の空。

 秋は、幼稚園の中にも実りがたくさん。それを見つけた子ども達は、嬉しそうに「あ!ざくろがある!」、「見て!あそこの上の方に、緑色の物もある!」とまだ色づく前のグレープフルーツを発見。落ちているカリンの実やキンモクセイのお花をおままごとに使ったり、オシロイバナで何度も色水遊びも楽しみました。

 お友だちが遊んでいる姿を見て、私もやってみたい!と思い、「先生、袋ちょうだい!」と言いに来る子どもたち。遊びが重なったことがきっかけとなり、その後もそのお友だちと遊びたくて声をかけに行き、一緒に遊んでいる様子が見られたりもします。いつもは一緒にいなくても、毎日の園生活の中でお互いの存在を受け止めているからこそ、ふとしたことが子ども同士を繋ぎ、遊びや関係をふくらませてくれるのだなぁ、と感じます。これからもじっくりじっくり時間をかけて子どもたちがどんな出会いを経験し、深めていくのかを楽しみに見守っていきたいと思います。

 緑さん達は、山間合宿に向けて準備の真っ最中です。楽しみに思う気持ちだけではなく、複雑な思いも一人ひとりが抱えていることと思います。神さまのお守りのうちに準備を進める中で、お互いの心配事を共有し、力を合わせて、よい山間合宿となりますように。保護者のみなさんも、緑さんたちのために一緒にお祈り下さると嬉しいです。

保育主任 前田朱美子

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく