学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

11月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2014年度の主題 > 11月の保育主題

『大きくなって』

 金木犀の花の良い香りに誘われて、子どもたちは「これいい匂いがする。」と落ちている花を集めて、おままごとごっこが始まりました。花に触って花びらをそっと取って、ビニール袋にたくさん集めて、お母さんへのお土産にしている姿もありました。毎日ザクロを見上げていた子が「あのザクロは赤いよ。」と保育者に伝え、高枝ばさみで取り、おやつの時間にみんなで食べました。「どうやって食べるの。」「すっぱい。」「種はどうするの。」「もっと欲しい。」いろいろな子どもの反応が見られました。もうすぐ食べごろのグレープフルーツや花梨も黄色く色づいてきました。神さまの下さった秋の実りに気づき、匂いをかいで、手で触って感触を確かめ、感謝して味わいたいと思います。

 年長児は待ちに待った山間合宿へ出かけます。夏のお泊り保育で保護者の方から離れて生活する事を経験した子どもたちは、いつもの環境と違う山の生活を楽しむ事ができます。テレビもゲームもおもちゃも無い山で、自然に囲まれ、友だちや保育者と関わりを深めていきます。不安なことは保育者と話し合い納得して、十分な準備をして出かけたいと考えています。

 人間関係、遊び、様々な子どもたちの活動が深まってくる時です。たっぷりの時間と必要な物を準備し、トラブル時には十分に気持ちを聞き、言葉を添えて、かかわりが続くように見守り、必要な時には援助をしていきたいと思います。

副園長 亀山千代江

年主題

置かれたように

もっと詳しく