学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

7月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の主題 > 7月の保育主題

《7月の保育主題》神の世界

 「プール、きょうはやらないの~?!」とプールバックを持って来た日、緑さん達から早速、プールを楽しみにする声が聞こえてきました。

 みんなの用意が揃った頃、各クラスでは担任から水着に着替える時のお約束を伝えます。洋服を脱いでたたんで自分の椅子の上に置く…、上靴の中に脱いだ靴下を入れて今度は椅子の下に置くこと…そしてポシェットは…プールバックを置く場所は…、という具合です。これが散乱してしまうとお部屋の中は大混乱ですから、保育者も丁寧に丁寧に説明をします。

 ある晴れた日の午後、いよいよ水着に着替えてプール掃除、そして翌週には園庭にビニールプールを出して遊びました。初めての赤さんたちは、ちょっぴり照れながら、お友だちと手をつないでやって来て、様子を伺いながらも徐々に心を解放して水と戯れていました。子どもたちの歓喜に満ちた声が、みるみるうちに響き渡り、神さまから頂いた命のエネルギーが園庭中に満ち溢れました。お部屋では風邪をひいてプールに入れない子が、赤さんの着替えのお手伝いをしてくれている、そんな優しく嬉しい姿も見られました。

 子どもたちが頑張って自分で着替えている証拠に、水着を脱いでみると、下からパンツが顔を出したり、足を入れる場所を間違えて、片方の穴に両足を入れて着ていたり、そんなハプニングはつきものです!!「あれれ??」と笑いながらも、段々そんな間違いもしなくなっていく子どもたち。そんな小さな成長の積み重ねの中で、共に喜んで過ごせる日々は、毎日が恵みで満たされています。

保育主任 前田朱美子

年主題

置かれたように

もっと詳しく