学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の主題 > 12月の保育主題

《12月の保育主題》イエスの光

 急に寒さが増し、園庭の銀杏の葉もあっという間に黄色く様変わりしました。幼稚園では今週月曜日にアドベント(待降節)を迎え、クリスマスに向けての準備が始まっています。

 先日、学年別のあつまりの時間に、子どもたちは園長先生から『クリスマス』のお話を聴きました。自分たちに光が与えられていることを知り、とても喜び、嬉しく感じていたように思います。そして今、この喜びをおうちの人にも伝えようと、ページェント(降誕劇)に取り組んでいます。

 このページェントの役決めにあたり、緑さんたちは何度も話し合いを重ねました。どれも無くては成り立たない、神さまが一人ひとりに与えて下さった大切な役。「この役をやりたい!」という思いを神さまから頂いた子どもたちが、ページェント当日までそれぞれの役に向き合い、取り組んでいく姿を、ご家庭と共に支え、見守っていきたいと思います。

 緑さんだけでなく、黄さんと赤さんも同じように、それぞれに相応しい役を担い、イエス様のお誕生のメッセージをお伝えします。

 そして今年も、おうちの方に讃美のご協力を頂き感謝です。讃美をしながらクリスマスの本当の意味を共に考え、じっくり味わうことができたら…素晴らしいと思います。そして、ページェント当日は、礼拝堂に集う全ての人が恵みに満たされますように、と願います。

 アドベントカレンダーを毎日1枚ずつめくりながらクリスマスを待ち望むこの待降節に、どんな時でも絶えることない神さまの愛を感じながら過ごす事ができますように。

副園長 前田朱美子

年主題

置かれたように

もっと詳しく