学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

1月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の主題 > 1月の保育主題

《1月の保育主題》ひかりを受けて

 新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ、よろしくお願い致します。1月は、一年の節目の時期ということもあり、これまでを振り返り、気持ちを新たに歩み始める気持ちのよい月でもあります。
ご家族で、どんなお休みを過ごされたでしょうか。

 3学期の園生活は、子どもたちにとっては、慣れ親しんだ場で 思いっきり自分のしたい遊びに取り組み、試し、様々な感覚や感情をめいっぱい味わう1年の集大成の時となります。

 緑さんにとっては、幼稚園で過ごす最後の3学期です。これまでの日々の中で経験した沢山のことが、一人ひとりの力になり、支えになり、自信に繋がっていってくれたら…そして、皆で一緒に過ごす事の尊さを心のどこかで感じ取ってくれたら…と思います。おうちの方にとっても、子どもたちの成長をかみしめ、共に歩む日々を感謝の中で過ごす時となれば素敵ですね。

 クリスマスに与えられた光は、私たち一人ひとりの中に灯り続けています。どんなに暗闇の中にいると感じられても、消えることはありません。暗闇の中にある時こそ、その光の強さが増し、弱い私たちが包まれるように感じます。どうしたらよいか分からず迷路の中に入り込んでしまうことは、誰にでもあります。そんな時、この《光》の存在を確信し、必ず備えられている道を祈りながら求めていく私たちでありたいと思います。

 自分たちの《光》を、お互いに大切にできる存在として、輝きが満ち溢れるルーテル幼稚園の3学期となりますように。

副園長 前田朱美子

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく