学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

3月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2015年度の聖句 > 3月の聖句

今月の

光の子として歩みなさい。

エフェソの信徒への手紙 5章8節


 光の子として歩みなさいという言葉は、光の子であるとの自覚のもとに歩みなさいということである。光の子は、光から生まれる存在である。光に照らされて、ありのままを見せて光ることが光の子の在り方である。そのような光の子は、自覚してこそ光の子として歩むことができる。自覚なく光の子として歩むことはできない。何故なら、自覚しないものはそうではないように生きているからである。

 では、光の子の自覚とはいったい如何なるものであろうか。自らが闇であるという自覚こそが光の子の自覚である。何故なら、闇である自覚において、自らが光を拒否していることが明らかになるからである。自らが光を拒否していると自覚した者は光に照らされることを受け入れた闇なのである。闇が光に照らされることを受け入れたとき、闇ではなく光となると手紙の著者は言う。だからこそ、光に照らされた闇である自らが光によって生み出された子であると自覚して歩むならば、光の子として歩むことになるのである。

 そのとき、我々は闇であることの誤りを「非難する」ことになる。この非難は、他者を排除するものではなく、間違いを間違いとして正しく認めることであり、指摘することである。そのとき、我々は非難することにおいて、正しい方を指し示し、正しい方の下に生きる道を提示することになる。それが光の子として歩むことなのである。

 我々親は、自らが闇であることを知らなければならない。闇に隠れてしまう自分を知らなければならない。そこから始めてこそ、こどもたちの闇を照らすことが可能となるであろう。我々が光の子として歩む中で、こどもたちも光の子として歩むことが可能となるのである。こどもたちと共に光を受けて生きて行こう。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく