学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2016年度の聖句 > 12月の聖句

今月の

今日ダビデの町で、あなたがたのために
           救い主がお生まれになった。

ルカによる福音書 2章11節


 世界で最初のクリスマスに、イエスさまのお誕生をお祝いしたのは羊飼いたちでした。三人の博士も来ましたが、最初に家畜小屋に行ったのは羊飼いたち。

 天使が現れて、「飼い葉桶の中で眠っている乳飲み子を、あなたがたは見つける」と告げたのです。どうして飼い葉桶だったのでしょうか。マリアとヨセフには、「泊まる場所がなかった」からです。場所のない二人に神さまが用意したのは、家畜小屋。その夜生まれたイエスさまは飼い葉桶に寝かされました。飼い葉桶は、羊飼いたちが良く知っている道具でした。飼い葉桶のある家を探し回った羊飼いたちは、ついにその中に乳飲み子が眠っているのを見つけました。

 天使が語った通りでした。神さまが、自分たちのことを良く知ってくださっていると思いました。誰にも知られないで、夜中に羊の番をする仕事だったので、神さまも知らないだろうと思っていたのです。でも、ちゃんと自分たちのことを神さまは知っていてくださった。そして、わたしたちのために、わざわざ飼い葉桶に救い主を生まれさせてくださったと分かったのです。

 乳飲み子を見つけた居場所のない羊飼いたちに大きな喜びがやって来ました。家畜小屋と飼い葉桶を用意してくださった神さまを知った喜びです。神さまがわたしのためにイエスさまを生まれさせてくださったことを彼らは讃美しました。

 子どもたちのページェントの役は、神さまが用意してくださったものです。みんなと話し合って、「これがわたしに与えられたもの」と受け取る子らは、きっと自分のために生まれてくださるイエスさまを見つけることでしょう。

 子どもたち一人ひとりに、その子のためのクリスマスが来ますように。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく