学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

4月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の聖句 > 4月の聖句

今月の

互いに愛し合いなさい。

ヨハネによる福音書 15章12節


 愛された者は愛する者になる。愛されることが愛することを教える。愛されることで我々は愛するとはどういうことであるかを知るのである。

 イエス・キリストは愛し合うことを命じる。しかし、その前にイエスはこう付け加えている「わたしがあなたがたを愛したとちょうど同じように」と。イエスに愛されたことが「互いに愛する」ことを可能とすると語っているのである。

 我々から発する愛は、わたしが愛せる者を愛する。わたしが愛したい者を愛する。愛せない者、敵対する者は愛さない。それがわたしという人間から発する愛である。しかし、神の命令としての愛は人間の感情に左右されない愛である。なぜなら、命令はわたしが愛せないとしても愛さなければならないからである。そのような愛は、感情のある愛ではないことにならないだろうか。心のこもった愛ではないことにならないだろうか。

 神の愛は感情ではないし、友愛でもない。しかし、イエスはこの言葉を語った中で、友のためにいのちを捨てる愛を語っている。これは友愛ではないのだろうか。いや、友愛のような同志愛ではなく、仲間の愛でもなく、神の命令に従うことにおけるイエスの友としての愛である。この愛は、見返りを求めず、ただイエスの友とされた者が愛する愛である。愛された者が愛する愛である。愛された者を愛する者として創造する愛である。

 こどもたちが神に愛されていることを知ることによって、彼らは愛する者として造られていく。そのために、イエスが我々を愛してくださったように、我々はこどもたちを愛するのである。こどもたちが、わたしたちを通して、神の愛に包まれて育まれますようにと祈りつつ、こどもたちを愛して行こう。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく