学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

5月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の聖句 > 5月の聖句

今月の

父と母を敬いなさい。

エフェソの信徒への手紙 6章2節


 「父と母を敬いなさい」という神の命令は、神の約束の中にあると聖書は語っています。この命令に従うとき、「あなたが長く生きる」ことが可能となるという約束です。これは長寿を意味しているように思えますが、実は家族が長く続くという意味です。どうしてなのでしょうか。

 長寿は、家庭における老人福祉が充実しているときにもたらされるからです。家庭において、老人介護の労苦が問題となっていますが、これは核家族化が進んだ現代だからです。この命令が与えられた当時は三世代、四世代で生活することが普通でした。その家族の中で、父と母が自分の父と母を尊敬する生活が行われていれば、それを見て育ったこどもたちは、いずれ自分の父と母が老人になったときに、同じように接することを学んでいくでしょう。家族の中で、こどもたちは年長の者を尊敬する生き方を習得していくのです。こうして、家族は長く続いていくと神は約束を与えておられます。

 わたしたちの幼稚園は、異年齢混合のクラスを作っています。このクラスの中で、こどもたちは年長児にあこがれを持ち、尊敬し、自分も大きくなったら、あんなお兄さん、お姉さんになろうと学びます。異年齢混合保育は大家族だと言えます。一人っ子であっても、この大家族の中ではぐくまれるとき、年長者への尊敬を生きることができるのです。

 わたしたちのこどもたちは、普段の生活から学んでいます。ご家庭でも学んでいます。家族の在り方がその子の生き方を導くことになるとすれば、わたしたちは普段の生活をより良く整えていく必要があります。親の姿から学ぶこどもたちであることを忘れないで、まず自分から整えていくわたしたちでありますように。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく