学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

4月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2019年度の日記 > 4月のルーテル日記

4月の子どもたちの姿

遊びの力 - ゆり組

 4月。赤さんたちが神様に導かれてルーテル幼稚園にやって来ました。ママから手を離して、「バイバイ」とかわいい笑顔で手を振ってお部屋に行きます。少し寂しくて泣けてしまう子もいたけれど、保育者と一緒に支度していくうちにだんだん涙もどこかへ行ってしまいます。まずは粘土で楽しく遊び、終わったらお外に。砂や泥、水をたくさん使って遊ぶ子、三輪車に乗って楽しそうに遊ぶ子。お部屋ではそのまま粘土してる子、絵本を読む子。自分の思うままに遊ぶ姿が見られます。

 お部屋の時間では、かわいい赤さんのお手伝いをしてくれる緑さん黄色さんがいます。すっかり歳上児の顔。緑さん黄色さんのお祈りの姿を見て、赤さんまで素敵にできますよ!

 赤さんが帰った午後、お世話をしてくれた子たちも一気に子どもの顔に戻り、思いっきり遊びます。頑張った分、たくさん遊んでいます。遊びは、こどもたちの力。みんなの子どもらしい顔が溢れるように、毎日たくさん遊びたいと思います♪

なつき

ドキドキがワクワクに - ゆり組

 新学期初日、「○○ちゃんと同じ(クラス)が良かった!」と怒って部屋に入ろうとしないAくん。結局この日はおやつを取りにほんの少し部屋に入っただけでした。部屋の隅に落ち着ける場所が見つかったAくん。2日目はひとりその場所でおやつとパンを食べました。クラスではAくんが新しいクラスにドキドキしていることを伝え、そっと見守ることに。3日目、お部屋に大きな段ボールが届きました。「何だろう?」「お菓子かな?」「ケーキじゃない?」クラスの子ども達は興味深々。すると突然中から「ジャーン!」Aくんが飛び出しました。みんなはびっくり!Aくんはにっこり。そしてみんなもにっこり。部屋中が一瞬にして楽しい空気に包まれました。

 クラスは動き出したばかり。この一年間も神さまのご計画のもと様々なことがゆり組の部屋のなかで巻き起こるでしょう。個性あふれる一人ひとりの子ども達がクラスの中で豊かにはぐくまれていきますように。

まさこ

助ける力 - ぶどう組

 始園日の日、新しい名札をじーっと見つめ、ひとつ大きくなったことを噛みしめていた緑さんと黄さん。翌週、新しい赤さんのAちゃんが泣いている姿を心配そうに見ていた黄さんのBちゃんは「どうしたの?」とそばに来てくれました。「お母さんがよかったんだって」と事情を話すと、「そうなんだ」と言い一度その場をあとにしたBちゃん。しばらくすると、粘土で遊んでいたAちゃんの隣にさりげなく座って粘土を一緒に始めました。Bちゃんが来てくれていつのまにかAちゃんもニコニコ笑顔になり二人ともとても楽しそうでした。

 また、新しい赤さんと初めてのお弁当の日。準備も一苦労の赤さん。先生が声を掛けても「イヤイヤ」と言う赤さんのCくん。しかし、緑さんのDくんが手を繋いで、優しく準備の手順を教えるととても嬉しそうにやっていました。

 赤さん達を毎日お助けしてくれている緑さんと黄さん。そんな力をくださっている神さまに子ども達と感謝しながら、これから共に過ごしていきたいと思います。

みさと

ふしぎなおてがみ - ぶどう組

 初登園はお母さんと離れがたく泣いている子や不安で一杯な赤さん。初日に大泣きして抱っこしていた子に、マナさんでしていたように「お母さんにお手紙をかいておみやげにしようか」と声をかけると泣きやみ、嬉しそうに水性ペンで大きなオムライスを描いていました。その時の表情は穏やかでニコニコの笑顔。その後は自分の好きな遊びに出かけ砂場でみかんのホットケーキを作って楽しみました。降園時にはお手紙をお家の方に見せ、温かくぎゅっと迎えられ嬉しそう。そして次の日には、先生にお手紙を描いてきてくれてニコニコ笑顔で登園です。

 この手紙には不思議な力があり、笑顔はかみさまが下さる賜物と感じた嬉しいひと時でした。まだまだ不安な子もいますが、園での楽しい遊びやお友達との交わりを通して、お家の方のあたたかい迎えを感じて、かみさまの下で大きくなりますように。一年間どうぞよろしくお願い致します。

もとこ

年主題

置かれたように

もっと詳しく