学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

2月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の日記 > 2月のルーテル日記

2月の子どもたちの姿

思い出ぎっしり - 緑さん

 「3学期のあつまりは、緑さんみんなで何をするのか考えよう!」と提案するとみんなはりきって意見を出します。人数集めゲーム、だるまさんがころんだ、椅子取りゲーム、リレー、パラバルーン、こおりおに、宝探し、おえかき…。話し合いの経験を重ねた緑さん達は次々と考えを発表し、全部で27個も意見が…。名前は『みどりさん スーパー おあつまり』に決まり、「ゲーム大会」、「園庭遊び」、「宝さがし」、「おえかき大会」を行うことになりました。

 4回目のおえかき大会。緑さんの思い出をテーマに一枚の長い紙にみんなで絵を描きました。絵が苦手だったAくんもこの日は大きな丸を描いて、「プラネタリウムだよ!」と嬉しそう。「しゃけおにぎり食べたよね」とお山の思い出を話しながら描いていたのは、BくんとCくん。「○○くんの顔だよ」と目の前で描いているお友達の絵を描いたDくん。

 緑さんのこの一年の思い出がぎっしりと詰まった絵ができあがりました。

みさと

ルーテルでよかった - 緑さん

 3学期の緑さんのあつまりは、毎回「ありがとうこころをこめて」という歌で始まります。卒園式に緑さんが歌う歌です。初めてその歌を子どもたちと歌った日、歌詞の意味をみんなで考えました。「みんなはいろんなことが出来るようになって、ここまで大きくなれたね。でもみんなが成長できたのは自分だけの力ではないよね。みんなは誰のおかげで成長できたのかな?」という問いかけには真っ先に「神さま!」という答えが返ってきました。

 そして、その後に「お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、友だち……」神さまや周りの人達によせる感謝の気持ちに触れ、子どもたちの成長を感じました。卒園を前にしたこの時期「卒園したいけど、したくない」「私こんな楽しいルーテル幼稚園で本当によかった」子どもたちの何気ないつぶやきから、様々な思いが伝わってきます。ルーテル幼稚園で過ごした毎日、神さまが一人ひとりにふさわしい成長を与えて下さったことを心から感謝します。

まさこ

あふれる想い - 黄さん

 今年の黄色さんは「嬉しい 楽しい 心を込めた 緑さん卒園会」という名前の会を行うことに。その会で何をするかみんなで話し合うことは子どもも先生も難しい…。たくさん意見が出た中で、「これと、これでいいかな?」という確認をしたら、Aちゃんが「でもAは〇〇が作りたいから…」と自分の出した意見のことを言いました。そうか、多数決で決まったことでも自分がやりたいことの想いは強いんだと感じ、出来るだけみんなの意見を重ねて準備していくことに。

 集まりで準備を進めた次の日、Bちゃんは、朝来てすぐに内緒話で「緑さんのために飾り付け作りたい!」と言ってくれました。卒園会の前、黄色さんだけでの最後の集まりではオリジナルクッキーを作りました。できたてのクッキーを食べながらSちゃんは「緑さんにプレゼントしたい!」とぽつり。 みんなの心の中には緑さんへの溢れる想いがあることがよく伝わってきました。会の名前のように、嬉しくて楽しい卒園会になるといいね!

なつき

こころを伝える - 赤さん

 ♪いつも喜んでいなさい 絶えず祈りなさい どんなことにも感謝しなさい~♪ この歌に手話をつけ、赤さんのあつまりで歌っています。皆で歌った後に《今日嬉しかったこと、ありがとうという気持ちを感じたこと》を聞いてみました。すると、「お外で遊んで嬉しかった」「お花を作ってくれた」「猫を作ってくれた」など手を挙げて発言してくれました。

 次のあつまりでは、《お祈りしたいこと》を聞いてみました。すると、Aちゃんは、「○○くんが中国に行ってるからそのことお祈りしたい」。この場にいないお友だちに思いを向けられるその温かい心に感動しながら、皆で一緒にお祈りをしました。

 もうすぐ卒園する緑さんのことを考えた時には、「いっぱいお隣してもらって嬉しかった」「レゴで遊んだ」などと伝えてくれました。自分のことだけでなく、大好きなお友だちや緑さんに思いを馳せ、素直に自分の気持ちを言葉で伝えられるようになった赤さんに1年の成長を感じます。

あい

年主題

置かれたように

もっと詳しく