学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2014年度の日記 > 12月のルーテル日記

12月の子どもたちの姿

楽しかった~  - 緑さんのクリスマス

 「クリスマスってどんな日?」なのかをあつまりの中で十大先生にお話をしてもらったときから、ページェントの役のことで頭がいっぱいだった緑さん。肝心なクリスマスの意味を忘れてしまっていた子もいました。配役決めの日には、希望人数が多い役、希望のない役もあり全員が決まるまでに時間が掛りました。そのときに、「他の役でもいいよ」と代わった子、「もしこの役がいなかったら代わってもいいよ」と自分のことだけではなく全体のことを考えて、緑さんみんなで話し合い、配役決定に至りました。

 はじめの練習のときには、不安や恥ずかしい気持ちで大きな声で台詞を言えなかった子も、練習を重ねることで自信につながったのか、堂々と役を務めるようになっていきました。クリスマス礼拝当日は「ページェント楽しかった~!」という声も聞こえてきました。「クリスマスの意味を伝えたい」という緑さんみんなの思いが一つになった証なのではないかと感じました。

みさと

堂々と  - 黄さんのクリスマス

 今年はページェントが初めてのお友達も多かったこともあり、あつまりで十大先生からお話を聞いてクリスマスに向けて黄さんなりに過ごしてきました。去年ページェントに参加していた子は黄さんの役に憧れを抱いていたようで、ほとんどの子がすでにやりたい役が決まっていました。「何やるか決めた?」と聞くとこっそりと教えてくれる子や、「ひみつ」とうれしそうにページェントに期待を持っていることが感じられました。赤さんの時とは違い音に合わせて動くことも、練習も増えていく中で最後まで「嫌だ」と言わないで意欲的に過ごす姿に子どもたちそれぞれの成長を見ることができました。

 ページェント本番ではみんな前に出ていけるかなという心配をよそに堂々と前を向いて頑張っている姿は、1学期よりもひとまわりもふたまわりも大きくなったように感じました。

 神様に見守られて、ページェントに向けて過ごすことができたことを感謝します。

りさ

参加する喜び  - 赤さん・桃さんのクリスマス

 「0年にイエス様が『おぎゃあ!おぎゃあ!』って生まれました。クリスマスはイエス様のお誕生日です。」あつまりの中で、十大先生がクリスマスについてのお話を、赤・桃さんに解りやすく話して下さいました。

 興味深く話を聞く子ども達。お話の最後に、みんなも羊さんやお星さまになって、イエス様のお誕生日をお祝いしよう!ということで、まずはお部屋で羊さんやお星様になってごっこ遊びを楽しみました。するとその後、「お星様作りたい!」と突然言い始めた○くんの提案により、この日の集まりは急遽お星様作りになりました。

 後日、ぺージェントではどちらの役をやってみたいのか赤さん一人ひとりに聞いてみたところ、全員が自分のやりたい役をしっかりと伝えてくれました。その様子から、自分達も緑さんや黄さんと一緒にページェントに参加することへの喜びが伝わり、頼もしく感じました。

 当日は赤さんらしい様々な姿がありましたが、どの子もイエス様の光に照らされてとっても素敵でしたね。桃さんも、お歌で参加して、ページェントを盛り上げてくれました。

まさこ

喜びに満たされて  - みんなのクリスマス

 「ねぇ、あと何回寝たら本番?」「今度の木曜日だよね!」いよいよクリスマス礼拝が近づいた頃、こんな風にページェントを楽しみにする声が聞こえてきました。

 「自分たちが選んだ役のように思えるけれど、実は神さまが私たち一人ひとりに与えて下さった大事な役なんだよ」ということを何度も確認しました。「だからちょっぴりドキドキしても、神さまが皆に下さっている力を信じて、心を合わせて、イエスさまがお誕生されたうれしいお話をおうちの人に伝えよう!」と気持ちを込めて練習しました。そして、緑さん中心で進められていく練習に、黄さん、赤さんが段々と加わって、本当のクリスマスのお話が完成しました。

 当日は、どの子もその子らしく喜びに満たされた姿を見せてくれて、素敵な温かいページェントになったように思います。私たち一人ひとりのためにイエス様が来て下さったことを、これからもずっとずっと胸の中に刻んで歩んでいって欲しいと願っています。

すみこ

年主題

置かれたように

もっと詳しく