学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

9月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2020年度の日記 > 9月のルーテル日記

9月の子どもたちの姿

日常のプレイデイ - プレイデイごっこ

 「先生、プレイデイってなあに?私わかんない」幼稚園が少しずつプレイデイに向けて動き始めた頃、年少Aちゃんが突然聞いてきました。「お友だちやお家の人が幼稚園に集まってみんなで楽しく遊ぶ日のことだよ」と答えても不安な様子。そんな中、今年度初のプレイデイごっこは「おやつとり」。(残念ながら、当日のプログラムにはありませんが…)経験豊富な緑さんは、「今日おやつとりやるんでしょー」とはりきって外に出てきます。「よーいどん!」の合図でおやつを(今年は口ではなく手で)取りに行くシンプルな競技ですが、「○○ちゃん(くん)頑張れー!」の声が響き渡り、大盛り上がり。今年は本番のプレイデイで異年齢の友だちを応援することは出来ませんが、「プレイデイごっこ」という名の「プレイデイ」が日常の保育のなかで、繰り広げられています。Aちゃんもいつの間にかお兄さん、お姉さんと一緒に笑顔でプレイデイごっこに参加している姿が印象的でした。

まさこ

秋の空の下で - ミニ・プレイデイ

 今日は遊ぼう会さんとマナ組さんの合同ミニプレイデイ。「おはようございます!」元気よく門を入ってくる子、おうちの方の手をギュッと固く握る子。実は今日が「初めまして」のお友達も多くきっとドキドキしながらの登園だったのでしょう。最初は「なかよしシュッポッポ」。連結ひもフープに親子それぞれで入りスタート!シュッポシュッポと小さな体で力いっぱい歩く姿は真剣そのもの。ゴールするとホッとした表情に戻りおうちの方を見上げてニコッと誇らしげです。体を動かすのが好きなAくんは、最後の「おやつ取りサーキット」でお父さんの手を引っ張って列に並びに来ました。鉄棒にぶら下がり、とび箱からジャンプ!かっこよく決まりました。おやつをいただく頃にはみんなの顔も和やかに。お友達の様子を見ていることの多かったBくんも園庭でお気に入りの場所を見つけたようです。晴れた空にみんなの笑顔と声がよく映える楽しいひと時になりました。

みお

安心できる場所に - 遊ぼう会 入会式

 毎年、五月に行う入会式。今年はコロナウィルスのため、二学期からのスタートとなりましたが、無事に入会式を行うことができました。

 緊張した表情の子、涙が出る子、夢中に遊び出す子など、様々な表情、反応があふれる入会式となりました。初めての場所に戸惑い、落ち着かなかったり、涙が出たりするこどもたちの素顔を見ていると、この場所が親子でほっと安心して過ごすことができる場所となりますようにと祈る気持ちになりました。

 一人ひとりの表情、反応に違いがあるのは当然。わぁ、楽しい~!これ面白いね!びっくりした~、あらら残念~なんてことも時にはあるでしょう。様々な感情を楽しみ、認め合うことができる空間となりますように。一人ひとりのありのままの姿を受け入れ、親子と寄り添いながら、教師もともに成長していくことができますように。

 神さま。遊ぼう会での出会いを感謝します。神さまの愛の中で沢山遊び、楽しむことができますようにお守り下さい。

まい

ドキドキして - マナ組 入会式

 初めての登園。ドキドキしながらお母さんと手をつないで門をくぐった子ども達。今日はどんな日になるのかな?と期待と不安でいっぱいでしたね。いよいよマナ組での生活が始まりました。新しい上靴を履き、少し緊張したお顔で「おはよう」とご挨拶。戸惑いながらも自分で上靴を履こうと頑張る姿を見ることもできました。ルーテル幼稚園での初めてのお祈りや讃美歌、初めて尽くしの事で一日がスタートしましたね。お祈りでは、まだ小さな手を一生懸命組み合わせる姿が印象的でした。これから始まる園での集団生活で、子ども達の成長する姿を保護者の方々と一緒に見守りながら又、時には試行錯誤しながら寄り添う時間が持てる事を嬉しく思います。

 今しか見ることのできないこの時期の成長を楽しみながら、少しでも多くの楽しい思い出や経験ができるようスタッフ一同全力を尽くしていきます。どうぞこれからよろしくお願いします。

あや

年主題

溢れる恵み

もっと詳しく