学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

4月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の主題 > 4月の保育主題

《4月の保育主題》一緒に生きる

 春休みが終わり、いよいよ新しい年度が始まりました。春休み、如何お過ごしでしたか?

 今日から学年が一つ上がり、名札の色が変わりました。2クラスとはいえ、友だち、先生…今までとは様子が違います。大きくなったことを喜び、張り切って登園する子、新しい環境にドキドキしながら門をくぐる子、一人ひとり違った姿を見せてくれることと思います。

 12日(木)の入園式が終わると、13日(金)からは新しい赤さん(新入園児)が仲間入りします。進級した子どもたちは、小さなお友だちを迎え、出会い、遊びながら、様々なことに気づき、一緒に過ごすことを体感していきます。一人ひとりが新しい出会いを受け入れ、どの様にこのルーテル幼稚園の中で自分らしく輝いていくのかを楽しみにしています。

 新入園の子どもたちも、幼稚園が自分の居場所となり安心して遊び、過ごす事ができるように、祈りながら支えていきたいと思います。

 おうちの方とも沢山お話をしながら、子どもたちが幼稚園の中で見せる様々な姿を共有し、それぞれの育ちを一緒に支えていきたいと思っています。
ご心配なこと、おうちでの様子、またお子さんから聞く園の出来事をもっと詳しく知りたいなどありましたら、降園時の園庭開放の時間を利用して、遠慮なく教師にお声かけ下さい。

 この一年の名古屋ルーテル幼稚園の歩みが、神さまのお守り中で希望に満ちた豊かなものでありますように。

副園長 前田朱美子

年主題

置かれたように

もっと詳しく