学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

3月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2016年度の聖句 > 3月の聖句

今月の

今は主に結ばれて、光となっています。

エフェソの信徒への手紙 5章8節


 「今、光、主のうちで」と手紙の著者は言う。今の前は、光ではなかった。主のうちにもいなかった。主のうちにいるなら、光。今までは光として輝いていなかったとしても、神さまは光として造ってくださっていた。それを自分が知らなかっただけ。知ろうとしなかっただけ。知っていても、知っているように生きていなかっただけ。主のうちにいるということは、自分では分からなかったわたしを見つけて、「わたしのうちにいなさい」と包んでくださったお方がいるということ。このお方がイエス・キリスト、わたしたちを見つけて、照らしてくださるお方。見つけて、ご自分の光で包んでくださるお方。わたしが輝くのではなく、キリストが輝くから、わたしは光、キリストのうちで。

 こどもたちも、キリストの光に包まれて、自分では気付かない自分を見出していただける。ほんとに輝いて良いんだと、見出していただける。こどもたちが輝きたいと思っても、妨げられることもある。そんなときでも、キリストは光を見つけて、言ってくださる。「今、光、わたしのうちで」と。キリストの言を聞くことで、こどもたちは自分の光を生きることができる。

 我々人間は自分で輝くことができると思い込んでしまう。実は、光に照らされて輝くものなのに。ありのままの自分を受け入れて、輝くものなのに。良いところも悪いところもわたしなのだと受け入れてこそ、ありのままに自分を生きることができる。ありたかった自分ではなく、今の自分を生きるとき、我々は光として輝くのだから。

 神さまが造ってくださったこどもたちは、ほんとうの光に包まれている。キリストの光に照らされている。自分らしく輝いていくこどもたちでありますように。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく