学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

4月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の聖句 > 4月の聖句

今月の

神は愛です。

ヨハネの手紙一 4章16節


 神は愛と聖書は語る。この愛は人間の情愛とは違う。感情に左右されることなく、ただ純粋に愛する愛が神の愛アガペーである。我々人間を造ったのも愛である神。このわたしを、神は造りたいと思って造ってくださった。この世界も神が造ったのだから、わたしはどこにいても神の愛の中にいる。だから、この神の愛に信頼しているならば、どんなときも安心していられる。わたしらしく生きることができる。神は、そのように我々人間を造り給うた。

 ところが、人間は自分が神のようになることができると思い込んだ。蛇の誘惑によって思い込んだ。そして、神から離れてしまった。神の愛から離れてしまった。愛されていることを知らないままに、愛されるために生きるようになった。本当は愛されているのに、どうしたら愛されるかと生きるようになった。

 人を蹴落としてでも愛されたいと願うようになった人間。人を押しのけて、自分だけが愛されていると思いたい人間。他者を引きずり下ろして、上に上がろうとする人間。他者を傷つけても、自分だけの安心を手に入れたい人間。神は、そのように造ったのではなかった。ただ、愛されていることに信頼して欲しいと人間を造った。入り込んできた罪が、人間を神から引き離す。

 引き離された人間のただ中に、神はご自分の御子をお遣わしになった。御子の十字架を通して、愛を示してくださった。神は愛であることを示してくださった。どんなに悪い人間でも愛していることを示してくださった。人から蔑まれても愛していることを示してくださった。このキリストの十字架に示された愛から、この幼稚園は建てられている。愛である神が建てられた愛の園に迎えられたこどもたちが、安心して、自分らしく過ごすことができますように。神は愛である。

チャプレン 末竹十大

年主題

置かれたように

もっと詳しく