学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

11月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の聖句 > 11月の聖句

今月の

人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。

ルカによる福音書6章31節


 自分がされたくないことは人にはしないというのが、通常の考え方です。この考え方では「しない」ことが考えられています。しかし、イエスは「人にしてもらいたいとあなたが思うことを、あなたも人にしなさい」とおっしゃっています。こちらは積極的に自分が行うことを語っています。「人にしてもらいたい」と思うことは、良いことであるはずです。だから、イエスがおっしゃるのは良いことを考え、行いなさいということなのです。通常の考え方では、悪いことを指摘して、悪いことをしないようにさせようとするのですが、人間は悪いことを考えると悪いことをしたくなるという習性があります。それでイエスは良いことを考え、良いことをしなさいとおっしゃったと言えます。

 わたしたち人間は、悪いことをしないという抑える方向では別のところから悪いことが出てくるものです。良いことを行うと、悪いことが出てくる道がなくなります。良いことを考え、良いことを行うようにとイエスがおっしゃるのは、そのような人間の習性をご存知だからです。

 わたしたちは抑えつけられるのは嫌なものです。抑えられれば抑えられるほど、出したくなります。むしろ、良いところをどんどん出させてあげることの方が気持ちよく出て行くものです。こどもたちが成長するためには、悪いことを抑える方向ではなく、良いことを出させてあげる方向で考えるべきなのです。

 悪いことを指摘するよりも、良いことを拾い上げて、良いことができたことを喜んであげることが大事なのです。抑えるよりも出させること。これが、イエスがおしゃった言葉の意味だと言えます。こどもたちが、自分が気持ちよいと思えることをどんどん出していくことができますように、支えていきましょう。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく