学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2017年度の聖句 > 12月の聖句

今月の

その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。

ヨハネによる福音書1章9節


 「光あれ」と神さまは言いました。この世界を造られた神さまは、最初に光を創造しました。暗闇の中に光を創造し、すべてのものが見えるようにしてくださったのです。ところが、人間は自分でその世界から隠れる罪に陥ってしまい、人間の世界を闇の世界にしてしまったのです。悪を行っても隠れれば、見つからなければ良いという世界を造り出してしまったのは、人間の罪なのです。

 神さまは、その世界に最初の光が輝くようにと、イエス・キリストをお遣わしになりました。イエス・キリストは、神さまが最初に「光あれ」とおっしゃった言そのものとして、この世界に生まれました。ありのままに、裸のままに、すべてを受け入れて生きている嬰児として生まれました。それこそが光なのです。

 イエス・キリストという光に照らされるのは、闇に隠れてしまうようになった人間たちの心です。闇に隠れる心が光に照らされて、ありのままの自分を受け入れ、神さまに変えてくださいと祈る心になる。そのとき、その人は光となっています。「光に照らされたら、どうなるかな?」と年少さんに尋ねたとき、ある子がこんなことを言いました。「悪いことをして、ごめんなさいと言って、にこっと笑う」と。そのとおりです。悪い心を認めて、神さまに「ごめんなさい」と祈る。それが光に照らされるということなのです。

 こどもたちは、光に照らされることを知っています。そんなこどもたちの心から、わたしたち大人が光に照らされることを学びたいと思います。こどもたちが光であるイエスさまを喜んで迎えるクリスマス。わたしたちもこどもたちと共にお迎えしましょう、光であるイエスさまのお誕生を。

チャプレン 末竹十大

年主題

希望の神に支えられ

もっと詳しく