学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

6月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2018年度の聖句 > 6月の聖句

今月の

成長させてくださったのは神です。

コリントの信徒への手紙一 3章6節


 成長とは、成長し続けることである。どこかで止まるならば成長ではない。止まった時点で成長してはいない。止まらないことが成長である。

 聖書の原文では『神が成長させ続けた』となっている。神は成長させ続けるお方である。この神の働きを妨げるのが人間が成長させたと思い込む人間の傲慢である。人間が成長させたと思い込むことは、何らかの結果でしかない。結果は結果であって、そこからまだ先はある。にも関わらず、人間はこどもを育てたと思い込む。自分にとって良い結果が得られたとき、うまく成長させたと思う。それがすべてを見通すことができない人間の愚かさである。

 良い学校に入ったらならば、良く育てたのであろうか。良い会社に入ったならば、うまく育てたのだろうか。そんなことが人間としての成長の目的なのであろうか。ここで使徒パウロが言う成長とは、自分の口で噛んで食べることができるようになることである。いつまでも、乳を飲ませてもらうような有様では成長とは言えないと言う。その通りである。

 成長とは一人ひとりが自分の口で噛んで、自分の口で食べて、咀嚼するようになることである。それさえも成長の要素であって、それを使って生きることが重要なのだ。こどもたちもいつまでも乳を飲ませてもらっていては成長できない。また、親も乳を飲ませることで自分が必要とされていると思い、そこに留めようとするならば、こどもの成長を妨げているのである。

 こどもたちは、神が成長させ続けている。それだけを信じて、その時々にこどもたちに必要なものを与えることが我々が子育てと呼んでいる事柄なのである。こどもたちは自分で考え、自分で取り組み、自分で学ぶ。こどもたちは神がはぐくんでおられる。

チャプレン 末竹十大

年主題

置かれたように

もっと詳しく