学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

4月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2019年度の聖句 > 4月の聖句

今月の

わたしがあなたがたを選んだ。

ヨハネによる福音書 15章16節


 イエスは弟子たちに「わたしがあなたがたを選んだ」と語った。そして「わたしが置いた」とも語った。イエスが選び置いたのだから、弟子たちのその後の生すべての責任を担ってくださる。それがイエスの十字架に示された究極的な愛である。

 「選ぶ」ということは、選ばれる側には主体はない。「置く」ということも同じ。あくまで選ぶ側、置く側に主体がある。選ばれることをただ受け取る。置かれることをただ受け取る。選ばれたように生き、置かれたように生きる。これが信仰の従順という事柄である。選ばれたことを謙虚に感謝し、置かれたように生きる。それだけで、わたしたち人間は救われる。最終的な責任をイエスが負ってくださるから。

 わたしたちのこどもたちは選びを受け取り、置かれたように生きるものである。本来我々人間はそうであった。罪を犯して後、選びを獲得しようとし、置かれることを嫌った。選びを自分の力によって獲得したことだと思い込む。置かれたところで生きたくないともっと良い場所を探す。こうして、我々人間は神の主体の中から逃げ出し、自分が主体的に生きたいと奔走することになった。

 真実の主体性は、神が選んだことを受け取る主体性。真実に主体的に生きるとは置かれたところで置かれたように生きることを楽しむこと。これが本来我々が神によって造られた意味であった。その意味を回復するために、イエスは十字架を負ってくださった。

こどもたちが本来の主体性を生きることができるように、我々保育者は彼らを受け入れ、仕えて行く。神が彼らを責任をもってはぐくんでくださると信じて、仕えて行く。神が選び、置いたこどもたちのうちには神の力が宿っている。この力が相応しく現れるために、こどもたちを受け入れ、従う保育者、親でありたい。

チャプレン 末竹十大

年主題

置かれたように

もっと詳しく