学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月の聖句

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2019年度の聖句 > 12月の聖句

今月の

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。

ルカによる福音書 2章11節


 主イエスがお生まれになった夜、神さまから遣わされた天使は羊飼いたちに言いました、「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」と。「今日」と天使は言いました。「あなたがたのために」とも言いました。しかし、この救い主は「すべての民に与えられる喜び」とも天使は言っています。すべての人に与えられるお方の誕生が、まず羊飼いたちに伝えられたということです。どうしてでしょうか。彼らはこの世で最も低いところにいる人たちだったからです。低いところに与えられてこそ、すべての民に広がるからです。高いところにいる人たちは自分だけのものにしてしまう。低いところにいる人たちは、自分たちだけではもったいないと多くの人と分かち合う。だから、クリスマスはまず羊飼いたちに伝えられたのです。

 彼らは「今日」と言われて、すぐに見つけに行きました。彼らは「今日」を他の日にすることはありませんでした。「今日」と言われたのだから「今日」見つけに行った。彼らの今日が喜びからはほど遠かったからです。彼らの「今日」は、虚しくなる今日、悲しくなる今日、取り残された今日、充実もしていなければ、何も新しいことがない色あせた今日だったのです。そこに「喜び」が「今日」伝えられました。すぐに探しに行かないはずはありません。飼い葉桶に眠る乳飲み子は。神さまから贈られた最初のプレゼント。とても素敵な「今日」をくださる主イエスだったのです。

 こどもたちも羊飼いたちのように低い存在。小さな存在。でも、素直に、まっすぐに「今日」を生きたいと願っている存在。彼らに与えられた「今日」という神さまからのプレゼントを一緒に喜んでください。

チャプレン 末竹十大

年主題

溢れる恵み

もっと詳しく