学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

12月のルーテル日記

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2016年度の日記 > 12月のルーテル日記

12月の子どもたちの姿

与えられた役を - 緑さんのクリスマス

 緑さんは十大先生からクリスマスについてお話を聞いてから、ページェントの配役について決めました。あつまりのなかでページェントの役は“どの役も神さまが与えてくださった大事な役”という事を伝えると、子どもたちも「いなかったらイエス様生まれないよ!」と言ってくれる姿がありました。

 役の耳打ちの次の日にそれぞれの役をやりたい子について発表するとともに誰もいない役があって困っていることを伝えると、すぐに「かわってもいいよ」と言ってくれる子たちがいました。その後も「こっちに代わってもいいよ」と手を挙げている子や、「この役もやりたいけど変わってもいいような」と悩んでくれる子も。ひとりひとり自分なりにみんなのことを考えて「やりたい役もあるけど変わってあげよう」と自分の意見を発表する姿に保育者も感動して涙ぐんでしまいました。練習では本当にどの子も自分の役に自信を持って上手にでき、当日も神様から与えられた素敵な役を、みんなで心を一つにしてページェントをすることが出来ました。

りさ

どきどき - 黄色さんのクリスマス

 「いいことすぎる!」クリスマスのほんとうの意味を、十大先生からのお話で知った黄色さんのお友達の感動の一言でした。ページェントにでてくる羊飼いや宿屋さん・天使・ローマ兵たち、その存在の大切さを十分に理解し、自分のやりたい役を耳打ちしてくれました。ところが羊飼いさんがいません。「羊さんたちを連れてってくれる人がいないと羊さんたち困っちゃうね・・」。宿屋さんをやりたいと言っていたT君が「羊飼いさんになるよ」「私もなる!」 Nちゃんも羊飼いさんになってくれました。緑さんと一緒に練習出来ることも黄色さんにはとっても嬉しいことでした。

 ページェントの当日リーダーの緑さんがお休みという事態にちょっとドキドキの黄色さん。~大丈夫だよ。神さまがそばにいてみんなにちからをくださるから~出来ました!ページェントに参加できなかったお友達と自分たちの思いを一緒に抱きながら、クリスマスを伝えることが出来た少し緑色に近づいている黄色さんたちでした。

ゆきこ

楽しかったね~ - 赤さんのクリスマス

 「クリスマスってどんな日か知っていますか?」と十大先生からの問いかけに、本当のクリスマスの意味を答えられる赤さんは予想通り…いませんでした。しかし、「クリスマス」という言葉を聞いた瞬間、嬉しい気持ちでいっぱいになった赤さん。そんな嬉しいクリスマスの日の本当の意味を十大先生からしっかりと聞き、後日、ページェントの役も決めました。

 そしていよいよ練習に参加する日です。星がやりたいと言ってくれたAちゃんに星の冠を渡すと、「羊がいい」と…。その思いは強かったようで、急遽羊にチェンジ。羊の冠を被ったAちゃんはとても嬉しそうで満足気な様子でした。そして、迎えたページェント当日。Aちゃんに羊の冠を渡すと、今度は「星がいい」と。「あれれ~?」と驚く保育者でしたが、Aちゃんのその強い思いが伝わってきました。まだまだ気持ちは変わります。でも、一番やりたい役をできて満足そうでした。

 赤さんなりに自分のやりたい役を考え、初めて参加したページェント。終わったあとは「楽しかったね~」と友だちと顔を見合わせながら嬉しそうに会話をする姿も見られました。

みさと

いっしょに歌って - 桃さんのクリスマス

 「クリスマスって知ってる?」と聞くと、「知ってる!サンタさん」、「雪が降る!」と答えてくれたももさん。十大先生からクリスマスはイエスさまのお誕生をお祝いする日。その喜びをおうちの人にもお知らせしようねと、ページェントやプレゼントの意味を教えていただきました。

 「おうちの人たちが喜ぶプレゼントは何かな?」の質問に、初めは自分の欲しいものを答えていたももさんでしたが、紙粘土でクリスマス・ツリーのようなキラキラなケーキや走り出しそうな電車ができました。

 お部屋ではページェントの絵本を見ながら「ある日うまごやで」を歌い、この赤ちゃんは誰かな?というと、皆が「イエスさま!」とお誕生の歌を喜んで歌うことができました。当日もピカピカ光る星の振りやきよしこの夜もお母さま方と共に歌うことができ、年上児へのあこがれも生まれ、イエスさまのお誕生を皆でお祝いすることができたことをうれしく思いました。神さまに感謝です。

もとこ

暖かく 楽しく - マナさんのクリスマス

 マナ組さん2学期最後の日は、おうちの方と一緒に楽しい時間を持ちました。製作コーナーでは、楕円形に用意した色画用紙に好みのスパンコールやレースリボンをボンドでつけて、可愛らしいツリーが完成!

 おやつの時間には、三角形のスポンジケーキを使って、またまたツリー作り♪デコレーション用のカラースプレーや星型に焼いたクッキーを目にした子どもたちから、「わぁ〜!」という歓声が。生クリーム、カットフルーツ、ストロベリーソースもトッピング。楽しいおやつの時間になりました。

 あつまりでは、静かな雰囲気の中、イエス様お誕生のパネルシアターをまっすぐな目で見、話に耳を傾けている子どもたちの姿が印象的でした。

 最後にはオルガンに合わせ、「きよしこの夜」を歌ってクリスマスをお祝いすることが出来、暖かく、楽しい2学期の締めくくりの日となりました。

 3学期も寒さに負けず、イエス様を近くに感じ、楽しくすごしましょう♫

あやこ

楽しいクリスマス - 遊ぼう会のクリスマス

 「今日はクリスマスクッキング♪赤、緑のゼリーを好きな形に抜き食べようね」話している途中、ゼリーに手が伸びたA君。スプーンを持ちすぐ口の中に入れたB君。じっと型を見て、☆の型を選びゆっくり抜き始めたCちゃん、好きな型を指しママに抜いてもらっているDちゃんといろんな子どもの姿。Bグループでは、型抜きは教師が準備していたので、食べることに集中。「もっと~」「おかわり!」の声につられお皿を持って並ぶ子どもたちの姿。『今、こうしたいな~』て思う気持ちを言葉や行動に現わせるようになった子どもたちです。神様ありがとう…。

 クリスマス会までの日々の中で、少しずつ喜びを感じられるようにお部屋を飾ったり、絵本を読んだり、制作をしたり、賛美をしたりして準備をし、この日を迎えました。子どもたちが本当の意味がわかるのはまだまだ先かも知れません。でも、この遊びをとおして神様を賛美し『クリスマスはうれしい』と幼い心に刻み込まれること、願ってます。

ほり

年主題

置かれたように

もっと詳しく