学校法人愛知ルーテル学院 名古屋ルーテル幼稚園

6月の保育主題

名古屋ルーテル幼稚園HOME > 2019年度の主題 > 6月の保育主題

《6月の保育主題》神の思いのままに

 4月の半ばに始まった教会の建て替え工事。解体中は、工事の方たちが高い足場で作業をするのを見上げて「だいじょーぶぅー?」と数人で声をかけ、「まいにちやってるからだいじょうぶだよー!」と微笑ましいやり取り。またある時は、工事現場の車を食い入るように見ている姿もありました。そして、この1ヶ月ですっかりさら地になりました。6月に入ると、いよいよ建築のための新たな作業が始まります。これから気温もぐんぐん上昇し、雨の多い季節に入りますが、新しい教会の建築に向けて、工事の方々の健康が守られ作業が滞りなく進んでいく事を祈ります。そして、子どもたちと新しい教会がどんな姿を表すのか~その過程を楽しんで見守っていきたいと思います。

 5月は多くの行事があり、おうちの方には沢山ご協力いただきありがとうございました。特にクラス別保育参加では、ご家庭での姿とは全く違うお子さんの様子に驚かれたことや、新たな発見もあったことでしょう。 子どもたちは、私たちがまだまだ知らない姿を秘めています。私たち大人が、【自分の思い込み】や【自分の都合】というメガネをかけて子どもを見てしまうと、なかなかその秘められた素敵な姿を見つけることが出来ません。

 子どもたちが神さまから頂いている秘められた宝物、これを探し、見つけていく…そんな日々の積み重ねをおうちの方と共有していきたいと思います。ジーっと静かに~子どもに心を向けるほんのひと時を…つくれたらいいですね。どんな時も、一人ひとりが受け入れられ、安心して過ごせる、皆で育ち合える、ルーテル幼稚園がそんな場所であることを願っています。

副園長 前田朱美子

年主題

置かれたように

もっと詳しく